ものづくりって、大変?

「もの」を作って、人々を幸せにしたい。

けれど、今の世の中ものづくりをするには様々な壁がある。

作り方が分からないし、誰に頼めばいいのかも分からない。量産なんてもっと大変。

そんな世の中おかしい。

ものづくりにおける壁を取り除き、すべての人に「つくっていいよ」といえる時代にしたい。

僕らはそんな、なにかをつくりたいという想い「Makership」を

世界で一番大切にする会社です。

SERVICES

ハードウェア受託開発

あなたの思いを形にします。
新規製品のプロトタイピングから、産業用機械開発までお任せください。小ロットから量産製品まで対応が可能です。また、それと併せて、各種アプリケーションやシステムも制作することができます。

ハードウェア開発支援

ハードウェア開発でお困りですか?

ハードウェア開発における金額感を知りたい、開発先を探している、といったハードウェア開発に関する様々なご相談をお受けしております。

アート×エンジニアリング

アーティスト向けのサービスです。
Makershipが光らせたい、動かしたい、音を鳴らしたい、といった表現をあなたの作品に取り入れるお手伝いをします。

制作実績

ここで紹介している事例はごく一部です。詳しくはお問い合わせください。

プロトタイピング

某企業様の新規サービス開発をお手伝い致しました。

サービス検証のためのプロトタイピングから、製品化に向けてのお手伝いをしました。

また、そのハードウェアと連携する、サーバーシステム、スマホアプリの制作も行いました。

Makershipでは、素早く柔軟なプロトタイピングができます。また、そのハードウェアと連携するソフトウェアの開発もできます。

産業用機械の基板開発

産業用機械の制御基板開発を行いました。

また、その工業機械の操作インターフェースの設計、開発を併せて行いました。

IoT製品筐体設計

IoT製品の筐体設計を担当致しました。

量産品では、プロトタイピングの段階から量産可能性を見据えた設計を行わないと、量産段階で金型が作れなくなったり、大幅な設計変更が必要になったりと、大幅な手戻りが発生しています。

Makershipでは、量産時のリスクを考慮しながら筐体の設計を行ったり、工場とのやり取りを含めたディレクションを代行することができます。

桜月夜

アーティスト、小林花さんとのコラボレーションです。タイトルは「桜月夜」。桜を見上げて心が落ち着く様子を見て、それを家庭に持ち込もうと照明にしました。

ディップアートと呼ばれるアート技法を用いて花をつくり、LEDで照明を取付け、花を照明にしました。

これを題材にしたワークショップも行い、大変好評いただきました。

Makershipでは、このように作品に光る・動く・鳴るといったテクノロジー表現を取り入れたいアーティスト様・デザイナー様に最適な手法をご提案いたします。お気軽にご相談ください。

UPDATES

ドールハウス作家の谷岡さん

    映画「借りぐらしのアリエッティ」にも登場した、”ドールハウス”。   1 […]

光る桜の花の写真

夜に咲く花のように

桜の花の魅力ってなんでしょう?   1年に2週間だけ咲く儚さでしょうか?花弁が舞い散る様でしょうか? […]

シャボン液におぼれたArduino

Arduinoって知っていますか?アリュディノ、アリュディーノって読みます。   これは、小さなコン […]

すべての記事